洋食屋さんで食べる煮込みハンバーグは絶品ですよね!しかし、お肉だけだと少しカロリーが気になりませんか? そんな悩みを解消してくれるのが「おからパウダー」を使った煮込みハンバーグです。 おからは使ったことがあるけど、おからパウダーって何? 器にハンバーグを盛りつけ、3のフライパンのソースをかけて完成。 管理栄養士からのコツ・ポイント おからでかさ増しすれば、ダイエット中でも安心のハンバーグができあがり! おからハンバーグはハンバーグよりもひき肉の分量が少なく、水分量少なめのタネができます。肉汁で爆発のリスクは低いです。空気抜きの必要はさほどないといえます。 おからハンバーグは崩壊しやすいので、焼く前のタネに凹凸がない方が良いです。 「美味しいハンバーグソースが作りたい! そんなあなたのためにクックパッドの人気レシピをランキング形式で紹介します。 つくれぽ1000超えの殿堂入りレシピをメインに最低100以上から厳選 しているの … 低カロリーな豆腐が原料である「おから」。おからは低カロリー・低糖質なイメージがあり、ダイエット向きとよく言われますが、食べ方や調理法次第では逆に太ってしまう可能性もあります。おからのカロリー・糖質、太ってしまうおからの食べ方と痩せる食べ方などを紹介します。 同じおからでもこれだけ違うんですね。 これには理由があります。 生のおからの方が、重量があるので同じ100gでも乾燥おからの方が量が多くなるからです。 乾燥しているので重量が軽いため、その分、量をたくさん食べる事になります。 ハンバーグのタネを作る時に、「ある物を」加えると、レストランのハンバーグ並に、ジューシーになるんですよ。 コツは「 」を混ぜてひき肉をこねるだけ?