自分の体質に合ったピルを選ぶためにも、違いを知っておきましょう。 ピルの分類方法.

ピルには多くの種類があって、含まれるホルモン量や飲み方の違い、副作用の出方の違いなど、それぞれ特徴があります。 「どんな特徴があるのか」よく医師に聞いて自分の症状とあったピルに出会える為の情報として使って頂ければ嬉しいです。 ピル(経口避妊薬)は避妊を目的としたお薬として知られていますが、正しく服用することで、生理不順や生理痛の改善にも役立つお薬です。ピルについて正しい知識を身につけ、よりポジティブな生活を。

【医師監修】低用量ピルは、経口避妊薬としてはほとんど100%の効果を発揮する安全で確実な避妊法です。種類がさまざまで効果や飲み方なども異なるため、それぞれの特徴を理解して自分に最適なピルを選択しましょう。

低用量ピルの種類.

ピルは、そのホルモンの種類の違いから、第1世代、第2世代、第3世代、第4世代の4つに分けられます。 それぞれ入っている黄体ホルモンの種類が異なります。 副作用を考慮し女性ホルモンの含有量をギリギリに抑えた低用量ピル。低用量ピルは、避妊だけでなく病気に治療にも使用される優れた薬です。低用量ピルにはいろいろ種類がありますのでそれぞれの効果・副作用を理解して自分に最適な製品を見つけましょう。

低用量ピルは、含まれる女性ホルモン量の違いと販売開始時期から、第1世代、第2世代、第3世代ピルと3種類に分類されています。 このページの内容 低用量ピルは優れた避妊薬です。 低用量ピルには色々な種類があります。 人気の低用量ピルとしてはトリキュラーやヤーズなどです。 ピルは2種類の女性ホルモンが配合された、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりする効能があるものです。 低用量ピル種類|東京でピル・アフターピル(緊急避妊ピル)を安全、安心料金で処方を受けるなら土曜日、日曜日、祝日も対応の池袋、渋谷の婦人科、池袋クリニック・渋谷文化村通りレディスクリニックまで。ピル専門外来を行っておりおり、月に約10,000シート以上を処方。