Word、Excel、PowerPointに対応したビジネス文書やデザインテンプレートが約1800種類。プリントアウトファクトリーは全部無料の素材サイトです。 パワーポイントではかつて、クリップアートメニューから簡単にイラストを挿入することができました。しかし2014年12月マイクロソフトはクリップアートの提供を終了しました。クリップアートに代わるBingイメージ検索の方法を知りましょう。 PowerPoint(パワーポイント)だけでなくExcel(エクセル)やWord(ワード)でも利用できる図の素材集。ここではスライドに挿入する方法を紹介します。 スライドに挿入する [挿入]タブをクリック。 [画像]にある[クリップアート]ボタンをクリックします。 マイクロソフトのパワーポイントは、万国共通のプレゼンテーションソフト。どこの企業に行っても使っているのは基本的にこのソフトで、ファイルのやり取りも日常的。共通のプラットフォームとして活用されています。 さて、今回はそんなパワーポイントのクリップアートについて。 クリップアートの中でも、WMF形式のクリップアートなら、クリップアート自体に編集を加えることができるので、色を変えたり、不要な部分を無くしたりすることができます!Word・Excel・PowerPoint、Office共通の技! 以前はパワーポイント自体にクリップアートという画像集が無料でついていましたが、powerpoint2013からはbingでの検索だけに変更になりました。 googleで検索すれば、いろいろなパワーポイント素材が探せますが気に入った素材がなかなか出てこないので探すのが少し難しいですね。 Microsoftが、Officeで使えるオンラインフリー画像集「クリップアート」の提供を終了する。今後はOffice内のBingイメージ検索で画像を探すことになる。 クリップアートが表示されない 以前にも質問させていただいていますが、もう一度お願いいたします。 ワード、エクセル2010でクリップアートから画像を挿入したいのですが、クリップアートの画面で検索すると画像がストライプ状に表示されます。 今回は、パワーポイントの基本機能の一つになります。 クリップアートについてよく分からないとお困りの方もいらっしゃると思います。 なので今回は、パワーポイントの基本機能クリップアートについて ピックアップしてみました。 この記事を通して一緒に学んでいきましょう。 PowerPoint(パワーポイント)初心者向けに、PowerPoint2013のスライド内でクリップアートを利用する方法を、画像付きでわかりやすく紹介。クリップアートの利用は、イメージしやすいスライドを作るために欠かせません。

クリップアートとはただの画像集なんですが,(Ofiiceに対して?)ライセンスを気にせず利用できるため,パワポに限らず気軽にOfficeを彩るのに使えました. そんなわけで,今は(サインインしてない場合は)Bing検索の画像しか使えません. Microsoftが提供しているPowerPoint(パワーポイント)でイラストを挿入する時、クリップアートは従来のように使用できません。今回はPowerPoint(パワーポイント)でのイラスト挿入方法と、クリップアートの代わりになるサイトも併せて紹介します。 クリップアートとはパワーポイントの資料作りに用いられるイラストや図形、写真などの画像素材のことです。 パワーポイントにはあらかじめ多くのクリップアートが収録されています。物足りない方には無料のクリップアートサイトの活用もおすすめです。 PowerPointに付属するクリップアートのイラスト。実は、回転したり色を変えたり分解して再利用することができるんです。目的にあったイラストに加工して使いましょう。(2ページ目)