もちろんアメリカには、修士課程をオファーしている大学もたくさんあり、修士号を取得して就職する学生は数多い。しかし僕の入った学科はそのような学生は受け入れず、入学者全員が博士号を取って研究者になることが前提だった(※1)。 まず始めに日本での理系の学位「修士号」と「博士号」の位置づけを. 博士号とよく聞きます。博士号とはいったいどういう人の事を言うのか気になります。博士号には様々な種類があります。博士号とは取得するにはどのくらいかかるのか、気になるところです。博士号があると就職の時に有利なのか説明します。 2017.09.08 2020.05.11 留学. 外国人で博士号取得後、アメリカ内で就職する率は8割程度。 博士号取得の年齢の中間値は32歳程度。31−40歳が増加傾向。 まとめ. 博士課程で海外大学院への留学を考えていますか?この記事では、ドイツに研究留学、アメリカの大学院に実際に正規留学した筆者がメリットとデメリットを解説します。海外大学院留学に興味のある理系学生に向けて、体験談に基づいてまとめました。 文系大卒でもコンピュータサイエンス(cs)の修士号をとれば普通にエンジニアとしてアメリカで就職できる可能性はあります! 一方で、自由の国・アメリカは露骨な学歴社会です。特に、大企業ではその流れは顕著で、大卒ではもはやエリートとは言えず、最低でも修士号、できれば博士号をもっていた方が就職に有利と言われてい … アメリカで博士号をとるのは意外と簡単です。理系の大学を卒業した方は是非挑戦して欲しい。この記事では留学する利点と準備の際気をつける気をつける点などを筆者の体験を元に書いています。 やはり驚くのは、なんといっても期間、、ですね。工学や社会科学でも7−8年、教育分野は12年とか・・・。 しかし、アメリカの企業では、どの学校を卒業したのかが大きなポイントとなります。最低でも修士号、できれば博士号を取得していた方が大企業への就職は有利です。大学で何を学んだのか、その成果を示せることが重要となっています。 就職先という視点から考えてみます。そして、アメリカとの違いを分析し、 最後にどちらを取るべきか決め手になるポイントを考えます。