有給休暇は、社員にのみ与えられるものとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、アルバイトにも取得する権利はあるのでしょうか? また、取得する際にはどのような条件や注意点があるのでしょうか。今回はそんなことについて、この記事で解説していきたいと思います。

今回は、「有給休暇について知らなかった」「有給休暇のことは知っていたけど、どんな制度なのかよく知らない」というアルバイトの人向けに、有給休暇の仕組みをわかりやすくご紹介します。 【目次】 1.

有給休暇は、上司に伝えれば問題なく取得できるのが通常です。ただし前述のとおり、アルバイト従業員が有給休暇を取得することについて、 現場できちんと理解されていない ケースも多くあります。 アルバイトでも取れる!有給休暇とは? 2. 有給休暇の正当な権利があるけれども、有給をくれない会社もあるでしょう。この場合、労働基準監督署に相談することができます。もし相談を受けた場合、労基署は何をするか見ていきます。 相談をしただけでは調査に乗り出してくれない? 「パートで週に3日しか働いていないから有給休暇はもらえない」「バイトに有給休暇? ありえないでしょ」などと思い込んでいないでしょうか。ところが、無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ… 「有給が取れない」と嘆いた経験は、ビジネスマンなら一度はあると思いますが、そもそも有給が取りたいのに取れない、拒否されるのは違法なのか、また、有給がないといわれたらどうすればよいのでしょうか。この記事では有給取得に関するルールと取れない場合の対策を解説します

「バイトだから有給なんてない」と平気で言い放つ会社はあります。 そこで引き下がったら、相手の思うつぼ。「でも弁護士の知り合いに、バイトでも有給休暇はあると説明された」と言ってみましょう。 普通の会社だったらこれで響きます。それでも変わらなかったら、ブラックなので早く� 休みの日でもアルバイト代がもらえる「有給休暇」。いったい、どのようなルールになっているのか、よくわかっていない人も多いのではないでしょうか。この記事では、有給休暇をもらえる条件と、もらえる日数、有給休暇のときのアルバイト代の計算方法について解説します。 アルバイト先をばっくれすると、バイト先に訴えられて損害賠償を請求される…。そんな心配をしている人も居るかもしれません。ですが、それは「あり得ません」今回は、ばっくれしたアルバイトさんに損害賠償を請求するということは「あり得ない」理由をご紹介します。 有給休暇は、法律で定められている権利。なにかと理由をつけて有給休暇をとらせない会社は違法であり、取り締まりの対象となる場合もあります。この記事では、違法な企業を労働基準監督署に通報する際のポイントや、そのほかの解決方法についてまとめていきます。 有給休暇をもらえない会社への対処法. 【弁護士監修】アルバイトであっても、雇入れから6ヶ月を経過すれば有給休暇は働いている日数に応じて付与されます。これは法律で決まっていることですが、有給休暇が付与されない、取得できない、拒否をされた場合の対処法についてご紹介します。 職場によっては、忙しさなどを理由に、退職時に有給を消化することを渋られるケースもあります。 バイトに有給休暇はないのでしょうか? 勤務時間を減らすように言われて断ったら、辞めるように言われたのですが。 Q&A相談室TOPへ. Tweet. この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いします! シェア. しかし、有給を買い取ることは会社側の義務でもないため、認められるかどうかは会社次第です。 最終手段は労働監督署!?有給を取らせてもらえない. アルバイトで退職後に有給休暇の残りがある アルバイトの場合にはそこまで有給休暇の発生日数がなかったとしても、誓えていないというときには退職時にも相当な日数の有給が残っているということはあるかもしれません。