スパークプラグの交換時期は 一般プラグやイリジウムプラグで「1万5千km~2万km」です。 長寿命タイプのイリジウムプラグや白金プラグの場合は 約10万kmとなっています。 スパークプラグのメーカーでおすすめはある? ただのイリジウムでは2万キロで交換するのがベストです。イリジウムマックスだと10万キロまで持つかもしれません。アイドリングの調子を見て交換時期を考えてみてください。あと プラグは自分でかんたんに替えられますよ。 1年でプラグ交換費用の元がとれますね。 まとめ ・プリウスの純正スパークプラグの交換時期は トヨタの取扱説明書では20万km交換ですが、そこまで使うと性能低下激しいので、10万kmで交換したほうがいい。 ・スパークプラグ交換の注意点は

2/13/2017 新車装着の点火プラグが長寿命タイプ(~10万Km)なら交換不要とのこと. ブーン(10年目,走行6.2万Km) の新車装着(新車組み立て用) の点火プラグをNGKとデンソーのネット情報で調べたら, 長寿命タイプ(両貴金属電極)と分かったので, 点火プラグの交換は止めた. スパークプラグの交換時期 . トヨタ アクアのエンジン廻り-点火系-取付・交換の整備に関する情報なら「みんカラ」。トヨタ アクアに装着できるパーツの取り付け方法やメンテナンス情報が満載。整備手帳投稿数360万件突破!トヨタ アクアの整備に関することは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 交換するなら、お好みに合ったタイプのプラグがおすすめです。 快適な走りで低燃費なプラグならTWO Tops、長寿命・低燃費・加速力アップを求めるお客様にはイリジウムタフ、走りにこだわるけど燃費も気になるお客様にはイリジウムパワーをおすすめします。 スパークプラグ(点火プラグ)とはエンジンの燃焼室に設置され、ガソリンと空気を一定の比率で混ぜた混合気に点火を行う動力のきっかけになる装置:先端部分が「イリジウム」や「白金」などの商品の種類、適切な交換時期や大手カー用品店に依頼した時の工賃など紹介。