スバル レガシィツーリングワゴンのecuリセット後の手順(ecu学習まで)に関する眠らない街☆の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! ちなみに私はスバルのインプレッサスポーツに乗っています。 スバル車だけの燃費改善方法(走り出しのモッサリ感改善方法)の裏技 『アクセルペコペコ』 について、最後にご紹介します。 それでは、燃費改善方法について順番に解説していきます。 アクセルの踏み方しだいでパワーも上がる? 前回のお話し でも少々触れましたが 「 ECU のリセットと自己学習 」 で、まず最初に ECU 学習をさせるべきなのは アクセルの踏み具合 ( 電子スロットルの反応具合 ) の学習です。 これはスバル車特有の方法らしいのですが、 車載コンピューターに、アクセルの幅、アクセルを全開にした時の状況を学習させるのために行う対策のようなものだそうです。 なっていくのかな? この86君は^^ なーんか、長々な文章になっちゃったな^^; とりあえず、アクセルに違和感をお持ちの86 スバル車の「アクセルペコペコ」についての解説です。私のレヴォーグは、インテリジェントモードのときに、アクセルを踏むと、少し「もたつき」ます。ワンテンポ反応が遅れるのです。誰でも簡単にできる「アクセルペコペコ」を実施して、解消できました。 この操作をすることで、ECUにアクセルのMAX位置を学習させるのだそうです。 でもまぁ、この他にも いろいろ学習することがあるんだろうから、だんだん自分色に. さて、表題のアクセルペコペコ。 これはスバル乗りの間では知られた裏ワザ。 要はecuの強制学習。 詳細はここに記さないのでググってくださいませ。 以前乗っていたsfやsgフォレスターは2000㏄だったので、 naでも特に大きな不満は無かった。