名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 所在地、地図 ハザードマップ(防災ガイドブック)について. 洪水ハザードマップの閲覧は下記をご覧ください. 東海市役所 〒476-8601 愛知県東海市中央町一丁目1番地 tel052-603-2211(代) tel0562-33-1111(代) 業務時間:月曜日から金曜日(国民の祝日に関する法律に定める休日・12月29日から1月3日を除く) 津波浸水想定区域、浸水深(竜洋地区) (pdf 1.6mb) 津波浸水想定区域、浸水深(福田地区) (pdf 1.6mb) 津波避難施設一覧; 6 ため池ハザードマップ. 洪水ハザードマップ . 洪水ハザードマップ . この図は、窓口でも印刷された冊子が閲覧できます。お問い合わせの上、雨水対策課窓口にてご確認ください。 大府市全域における東海豪雨浸水実績図 いすみ市津波ハザードマップは、市民の皆様と、いすみというまちにおける災害の危険性のイメージを共有化し、 自助・共助・公助のバランスのとれた災害に強いまちづくりを目的に作成いたしました。 内水ハザードマップ.
地震ハザードマップ(震度予測・地域の危険度分布図) 地震ハザードマップ(液状化危険度分布図) 水害マップ. この図は、窓口でも印刷された冊子が閲覧できます。お問い合わせの上、雨水対策課窓口にてご確認ください。 大府市全域における東海豪雨浸水実績図 3-9洪水ハザードマップ永源寺地域No.2 (314.00byte) 3-10洪水ハザードマップ五個荘地域 (637.00byte) 3-11洪水ハザードマップ愛東地域 (547.00byte) 3-12洪水ハザードマップ湖東地域 (621.00byte) 3-13洪水ハザードマップ能登川地域 (1.21KB) 3-14洪水ハザードマップ蒲生地域 (667.00byte) 下田市津波ハザードマップ(全6種)は、南海トラフ巨大地震や東海地震といった想定地震による被害予測状況を皆様に認識してもらい、避難経路を確認するなど防災意識の向上や津波避難経路の対策に繋げることを目的に作成したものです。 洪水ハザードマップの閲覧は下記をご覧ください. 市では、日頃から災害に関する知識を深めて、いざ災害が発生したときに適切な防災行動がとれるよう防災の基礎知識や、津波浸水想定図、また、土砂災害ハザードマップなどを掲載した熱海市「防災ガイドブック」を作製しました。 災害時相互応援協定について. 津島市防災ハザードマップ 最終更新日:2020年4月24日 平成26年5月に発表された「愛知県東海地震・東南海地震・南海地震等被害予測調査結果」に基づいて、ハザードマップを作成しました。 東海・東南海地震は、その発生が懸念されながらも幸いまだ起きていません。 しかし、今この瞬間に起きる可能性もある大規模な地震です。 清須市では、大規模地震発生による被害を最小にするため、「地震防災ハザードマップ」を作成しました。 下田市津波ハザードマップ(全6種)は、南海トラフ巨大地震や東海地震といった想定地震による被害予測状況を皆様に認識してもらい、避難経路を確認するなど防災意識の向上や津波避難経路の対策に繋げることを目的に作成したものです。
洪水ハザードマップをpdfにて公開しております。 ダウンロードに時間がかかりますので、ご注意ください。 詳細な浸水想定区域、浸水深がお知りになりたい方は「 ちずみる豊橋 」(防災情報マップ-河川浸水想定マップ)でご確認ください。 Title: 東海市_防災マップ_H27_re.indd Author: takeuchiyasuo Created Date: 5/11/2015 11:50:38 AM

北名古屋市業務継続計画. 防災マップ. 四日市市では、平成17年3月に防災マップを全戸配布しました。 防災マップとは、台風・集中豪雨により河川が決壊した場合の浸水予測と道路側溝や下水管などの排水能力を超えてしまった場合の内水氾濫区域図を重ねた地図です。 東海地震による液状化危険度マップ(平成25年3月)⇒都留市地図(タイトルクリック) (pdf: 2.4mb) 平成15~17年度に山梨県が実施した東海地震の被害想定調査では、甲府盆地や富士川流域を中心に液状化現象の発生が想定されています。 防災マップ 四日市市の防災マップ. 東海・東南海地震は、その発生が懸念されながらも幸いまだ起きていません。 しかし、今この瞬間に起きる可能性もある大規模な地震です。 清須市では、大規模地震発生による被害を最小にするため、「地震防災ハザードマップ」を作成しました。 4 液状化危険度マップ. 東海地方の液状化マップ 政府の特別機関で日本の地震調査研究を行っている地震調査研究推進本部が公表したデータ(※)によると、海溝型の南海トラフ地震(マグネチュード8~9クラス)が30年以内に発生する確率は70~80%とされ「いつ発生してもおかしくない」状況となっています。 洪水ハザードマップ. ハザードマップとは ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものであり、予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、避難場所、避難所などの情報を地図上に表示したものです。 3-9洪水ハザードマップ永源寺地域No.2 (314.00byte) 3-10洪水ハザードマップ五個荘地域 (637.00byte) 3-11洪水ハザードマップ愛東地域 (547.00byte) 3-12洪水ハザードマップ湖東地域 (621.00byte) 3-13洪水ハザードマップ能登川地域 (1.21KB) 3-14洪水ハザードマップ蒲生地域 (667.00byte) 北地区マップ(pdf 5,071kb) 南地区マップ(pdf 4,998kb) 東海市地図情報システム. 北名古屋市避難所運営マニュアル .

液状化危険度マップ (pdf 415.4kb) 5 津波浸水想定マップ.

東海市地図情報システムでは、防災マップに掲載している避難所・避難場所、津波浸水想定区域、防災関係施設などをインターネット上で確認することができます。 市では、いざというときに冷静に対処できるよう平常時の心得や洪水時の避難方法、寝屋川流域浸水想定区域図(内水)を示した『東大阪市洪水ハザードマップ』を作成しています。(2006年3月発行)