この記事では、Adobe Illustrator CCで画像のトレースをする方法について紹介しています。 画像トレースとは、簡単にラスター画像をベクター画像に変換することが出来る機能です。画像トレース…

1、 画像をIllustratorで開く. 写真やイラスト、文字などjpg、gif、png画像を扱う中で、「ベクターで画像を編集したい」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。 ベクターを使えば、劣化させずにIllustratorなどで画像の拡大縮小やイラストの色を変えたりできるので便利ですよね。 Illustratorの「画像トレース」機能を使えば簡単に画像をベクター画像化(パスを描く)できる! . ベクター・カラーパターン・ブラシなど制作に必要な素材を写真から作れる; 保存すればAdobeアカウントに紐付いたライブラリに入るのでIllustratorやPhotoshopからすぐにとり出せる; 写真撮影から数値の調整が直感的に行える デザイン作業をしているときに、「この画像ベクター化したいよなあ」なんてことがあったりしますよね。 素材がpngしかなかった~とか、アナログで描いたものをトレースしたいとか。 そんな時はIllustratorの「画像トレース」がオススメでごわす! 目次. 今回は、『無料シルエット素材 シルエットAC』でダウンロードさせて頂いたこちらの png 画像をベクター画像化してみる。 . ここではイラレ内に画像を取り込み、オブジェクトに変換するライブトレース機能を適用するまでおよびパス変換までを解説しています。ひらたく言うとイラレに外部画像を取り込んで編集できるようにするまでのやりかたです。 Illustrator(イラストレーター)でラスター画像(jpeg・ping・bmp・gif)を編集可能なベクターデータへ変換する方法をご紹介!初心者でもステップ通りにやれば簡単にaiのイラレでベクター画像に変換することができます! Illustratorで画像をベクター化する方法 Illustratorは、ベクター画像の作成に使用されるAdobeのアプリケーションです。Illustratorではベクター画像をベースにしているため、画像のベクター化はとても簡単です。[Live Trace]機能を使用してパスを作成します。