寝る前に紅茶を飲むと、目が冴えて寝れなくなってしまうのでは?と気にしている方もいると思います。 紅茶に含まれているカフェインは覚醒作用があることが有名ですが、適度なカフェイン摂取は疲労回復やストレス軽減などの効果があり、気分を落ち着かせてくれる効果があります。 女性に人気の飲み物「紅茶」があげられます。紅茶には様々な効果や効能があることが人気のひとつです。特に寝る前や朝に飲むと紅茶の効果を最大限に引き出せると言われており最近では「朝紅茶」「寝る前紅茶」が一つのブームになっているようです。 夜寝る前に効果的な紅茶の飲み方 「紅茶を夜寝る前に飲んでもいいの?」と思われるひとは多いはず。 なぜなら、紅茶には、コーヒーや緑茶と同様、 カフェイン が含まれているからです。 カフェインは、疲労回復や利尿作用のほか、‟眠気覚まし”にも効果的です。 「夜に紅茶を飲むと太るような気がする・・・」そう感じたとこありますよね。眠気覚ましのために紅茶に含まれるカフェインが必要になるときもあります。では、紅茶を寝る前に飲むと太るのでしょうか?ここでは寝る前の夜に紅茶を飲むと太るのか? 紅茶にはカフェインが含まれています。カフェインには覚せい作用があり、目が冴える効果があります。しかし、紅茶はリラックスさせる効果もあります。それでは、寝る前の紅茶の飲み方はどうすればい … 紅茶には、覚醒作用や利尿効果のあるカフェインが含まれているので、寝る前に飲んではいけないと思っていませんか?しかし、紅茶の種類や飲み方に気をつければ、逆にリラックスできて、ぐっすり眠れる場合もあるのです。 カフェインのせいで寝る前に紅茶を飲もうとは思わないもの。しかし、実はダイエット効果があるということが分かり、寝る前に紅茶を飲むことが推奨されています。紅茶の飲み方を間違えなければ、寝る前に飲んでも眠れなくなることはありません。紅茶の正しい飲み方を紹介します。