就業規則のデメリット. 社員の就業規則をベースにして、できるだけ社内ルールが煩雑化しないようにしています。賃金、退職金、育児・介護休業、出張等は別規程としています。なお、平成22年4月の労基法改正について、割増率および年次有給休暇の時間付与は導入していません。

就業規則の雛形、作成例ページです。就業規則の作成例、届け出、変更方法、労働基準法との関係など幅広く紹介しています。すべてのコンテンツが無料ダウンロードでご活用いただけます。
モデル就業規則について 常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法(昭和22年法律第49号)第89条の規定により、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督 署長に届け出なければならないとされ … あなたの会社の就業規則は会社の味方ですか?それとも敵ですか?いい加減なひな形を基に作った就業規則は、間違いなく会社の敵となります。それもとてもやっかいな敵です。会社に勝ち目はありません。労働者意識が強すぎるプロ社員から会社を守る就業規則雛形をご紹介します。


ここに掲げる就業規則は、旅館・ホテル業を対象に作成 したモデルです。実際に使用される場合には、各事業場 の就業実態に合わせて修正して下さい。 また、会員に限定しておりますので、閲覧には、 会員パスワードを入力して下さい。 就業規則のデメリットは、労働条件が明確になるということによるものです。例えば有給休暇や残業代の支払い、育児休暇などについては就業規則に書かれることによって、労働者の権利として主張される可能性があります。