帝王切開による出産件数は年々増えており、妊婦さんのおよそ5人に1人は帝王切開で赤ちゃんを生んでいます(※1)。帝王切開と聞くと、「陣痛を経験しないで済むから楽だ」「痛くないお産だ」などと考える人も少なくありませんが、経腟分娩とは違った痛みや悩みが伴います。 帝王切開での出産件数は、近年増加傾向にあります。帝王切開はどのような場合に選択されるのでしょう?帝王切開にはどのようなリスクがあるのか。帝王切開におけるメリットとは何か?そんな帝王切開に関する疑問にお答えします。 帝王切開の傷口が開いて、 ピンク色の気持ち悪い 謎の物体が出てからというもの、 病院へ行こうかどうか 迷っていました。 しかし、ある日突然大出血を起こし、 再び緊急入院することに。 (悪夢の再来!大量に出血する 参照) 初めての帝王切開ですと、『怖い。』『不安。』『痛みは?出血多いの?』など色々心配になりますよね?今回は、帝王切開での出血量の平均などを経験談も交え、お伝えしていきたいと思います。

帝王切開後の傷口の状態. 帝王切開によるお産はどんなときに行われ、傷跡がどれくらい残るのか、気になる人も多いでしょう。そこで今回は傷の痛みや治り方、そして忘れてはいけない心の傷も含め、帝王切開による傷跡のケア方法や注意点を解説します。