建築を学び始めたorこれから学び始める!ってときに頼りになるのが本です。 でも、「おすすめの本は?」と先生や先輩に聞いでも『小難しいことが書いてある本』しかおすすめされません。 小難しいことが書いてある本って読んでると 構造種別に比例して参考書も数多くあります。 なのでこれから建築構造設計を勉強する人(学生さん、新社会人の方、まだまだ勉強中の人)が迷わない様に、なおかつ「初めての勉強本」として、ぜひ手に取って欲しい参考書です これさえ買えば大丈夫!建築構造設計のおすすめ参考書を一挙紹介! 現役構造設計者が選ぶ建築初心者におすすめの本6線 Casa BRUTUS特別編集 死ぬまでに見ておくべき100の建築; 構造デザインマップ 東京; 世界で一番やさしい木造住宅 増補改訂カラー版 また、作品も写真などでまとめてあるので「坂茂ってどんなものを作ってるの?

建築家としての使命や責任を果たすべく活動を続ける建築家・坂茂。 この本では坂茂の建築家としての生き方が分かります。.