SMBC日興証券の基本情報 SMBC日興証券は日本3大証券会社の一つです。(他は野村證券、大和証券) SMBCって何の略って気になっていた方もいると思うので、説明すると、 SMBC=Sumitomo Mitsui Banking Corporationの略です。 三井住友銀行の略だったのです。 2014年1月から、SMBC日興証券のnisa(少額投資非課税制度)が始まりました。 nisaを利用すると、配当金・分配金・譲渡益が最長5年間非課税になります。 非課税期間終了に伴うお手続きのお知らせ~2015年に当社nisa口座で購入いただいたお客様へ. 国内証券会社の中でも大手のsmbc日興証券は、ipoの取り扱いが豊富で、主幹事証券の実績も多く、ipo投資を行う投資家にも人気がある証券会社です。 今回はsmbc日興証券でipo投資を行うにあたり、抽選方法や注意するべきポイント、口座開設方法、購入・売却方法などについて解説していきます。 SMBC日興証券でお取引いただける新規公開株式(ipo)のスケジュール等、銘柄一覧情報です。主幹事銘柄を中心とした豊富な銘柄をお取り扱いしています。オンライントレード経由のipoなら、配分はすべて抽選となります。資産運用ならSMBC日興証券へ。

smbc日興証券からたくさんipo応募してきましたが、『落選』したことはありません。『当選』か『補欠当選』の2択です。ipoを始めたころは補欠当選にも喜んでいました。 現在は『ほぼ落選にちかい補欠」だと思って、繰り上がり当選を期待することをやめました。 資産運用なら証券会社のSMBC日興証券へ。株式、投資信託、債券、ファンドラップ、保険、証券担保ローンなど、豊富な商品を取り揃えています。選べる2つのお取引コースをご用意して、お客様のニーズや目的に合わせた資産運用をご提案します。 一般的に、ipo当選後にキャンセルができ、辞退のペナルティがない証券会社が多いです。 しかし、smbc日興証券は、ipo当選後のキャンセルでペナルティがあります。 ipo当選後に辞退をした場合、今後1ヶ月間はipoの申し込みができなくなります。