行を御中や様に訂正する宛名の消し方と書き方のマナーについて紹介しています。返信はがきや返信封筒には最初から送り先の住所や名前が印刷されています。その場合、名前の下の行を御中や様に変更する必要があり宛名の消し方や訂正の仕方にマナーがあります。 どうやって御中や様に変えるのでしょうか。 ではここではすでに印字されている行を. 様と御中を併用しない; 自分の様や御中は消す; 返信する場合は相手の会社名や名前に御中や様をつける; この3つを意識して、社内の変な先輩や上司に絡まれなようにしましょう。 あなたにおすすめのビジネスマナーなどの記事 その他(暮らし・生活お役立ち) - 宅配便の送り状の依頼主に「様」が印刷されていますが あれは 消すものでしょうか? 手紙の宛名&差出人を自分が書くことを考えれば 決してあり得ない形式ですが 宅配部 宛名に「気付」や「様方」と書いてあるハガキや荷物などを見たことがありますか?あんまり見かけないですよね。それぞれどういった時に使うのでしょう。そんなに頻繁に使うことはないと思うんですけど、知っておくと便利です!気付とは。気付は「きづけ」と読 御中や様に変える直し方を説明します。 まず「行」の上にボールペンで2行線を書き、行を消します。 この場合横線で消すのか縦線で消すのかという問題ですが、 自分はお客さんのような相手や目上(ご年配)の方には消すようにしています。 身内や少し上の先輩、年下の若い方には消す必要はないと思って消していません。 という風に分けていましたが、クセで基本消すようになっていますが。 自分はお客さんのような相手や目上(ご年配)の方には消すようにしています。 身内や少し上の先輩、年下の若い方には消す必要はないと思って消していません。 という風に分けていましたが、クセで基本消すようになっていますが。 2.自分への敬称を二重線で消す 「行」「宛」が記載されているのと同様に、返信者つまり自分に対する敬称がすでに記載されていることもしばしば。 (氏名)様と記載されている場合には、「様」に二重線を引いて消すようにしましょう。