新型コロナ余波、献血ピンチ 京都府内は確保8割 医療支障も(京都新聞) 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が影響し、京都府内の献血が必要とされる量の8割ほどしか確保できていない。府赤… 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本赤十字社が運行する献血バスが行き場をなくしている。必要な血液を確保できなければ、医療現場に影響が出かねず、関係者は危機感を募らせている。 新型コロナウイルス感染症の拡大により、献血協力者の深刻な減少が続いています。血液製剤の在庫量を安定的に維持することが困難となれば、医療機関への供給に支障を来す可能性があります。 成分献血を含め、毎日約13,000人の献血協力が必要です。 献血者から得た血液を抗体検査し、その人が抗体を持っていたとすれば、その献血者は過去に感染していた訳ですが、本人は他人に感染させることはないのですか。 ... 献血を利用した新型コロナ ... 京都大学附属図書館について質問です。