住所などに変更があった際にも、本人が保険協会に出向いて手続きを行ったりする必要はありません。 引越しした旨を、勤務先の人事を担当している人に直接伝えるか、または直属の上司などに報告し、指示をあおぐとよいでしょう。 保険証や年金手帳の提出なども必要なく、再発行の必要も� 健康保険証の住所を手書きして、列記とした住所証明になる? 健康保険証が身分の確認書類として使われる場合もありますが、市役所などの窓口では、健康保険証だけではなく、他の書類の提示を求められ … 【社労士監修】マイナンバーにより従業員が住所変更を行った際の社会保険の手続きは原則不要となりました。しかし、場合によっては住所変更届の提出が必要な場合もあります。ここでは、住所変更届を提出しなければいけない場合や住所変更届の書き方について解説していきます。 自分で住所変更が可能? 住所が手書きの保険証の場合、自分で住所を書き換えることが可能です。しかし、元々印字がされている保険証の場合、自分で住所を書き換えることができるのでしょうか? 調べてみたところ、元々住所が印字されているタイプの保険証の場合、まずは会社にその旨を�
引越しをすると、保険証の住所変更手続きをする必要がある。具体的な手続き方法や時期は保険証の種類によって異なるため、自分の場合はどのような手続きが必要になるのか、事前に把握しておくことが大切だ。社会保険加入者が保険証の住所変更をする場合は勤務先に連絡すればok 社会保険の手続き自体は、事業主が行うものがほとんどです。 例外として、厚生年金に高齢任意加入(適用事業所に勤務の場合)をしている場合の住所変更は、被保険者自身で手続きが必要です。 従業員の住所変更①社会保険の手続き 就職、会社での転勤、修学などの引っ越しで住所変更となると、あれ?そう言えば保険証はどうなるの?と何気に気になります。 いやいや、これは何気にではなく、急に病院へ行かなくちゃいけない!保険証が必要だ!という場合を考えて、しっかり住所変更の手続きをしておきましょう。


社会保険の手続き自体は、事業主が行うものがほとんどです。 例外として、厚生年金に高齢任意加入(適用事業所に勤務の場合)をしている場合の住所変更は、被保険者自身で手続きが必要です。 従業員の住所変更①社会保険の手続き 裏面の手書き訂正は本当に大丈夫? 住所を変更してそのまま健康保険証を利用できるといっても、住所を記載する欄をそのまま使用して良いのか気になりますよね。 社会保険の被扶養者になっている場合には、上で見てきたように「手書きで住所を訂正」で対応すれば良いですね。 基本は、住所変更による異動届などが必要になることもありますので、扶養者による勤め先、会社に確認は必要です。