なる各種事務等を実施する。囲を拡大するなど、保険者の負担軽減とて第三者(加害者)直接請求の事務受託範第三者行為損害賠償請求収納事務におい対応する。保険者事務共同処理事業では、る特別審査対象レセプトの拡大に適切に

このため、第三者直接求償に係る事務の取組強化に向けて、都道府県、保険 者及び国保連合会等の関係者のご意見を踏まえ、別添のとおり「第三者直接求 償事務に係る対応方針について」を策定したので、都道府県におかれては、本 「埼玉県国民健康保険運営方針」に適切に対応していくため、「平成31年度 国民健康保険税改 正にあたっての基本方針」を策定するものである。 1. 第1 回議題 「保険者努力支援制度に係る国保固有の指標への対応について」 「第三者行為求償事務に係る対応方針について」 ≪ 保険者努力支援制度の評価指標 ≫ 平成28 年度前倒し分(10 点満点) 第三者求償の取組状況(平成28年度の実施状況を評価) 個人データとは、個人情報データベース等(保護法第2条第4項)を構成する個人情報をいい(保護法第2条第6項)、以下同様とします。 5 当組合は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人データを第三者に提供しません。 保険者において被保険者と第三者との間で示談が成立していないことが確認で きた事案については、保険者は改正要綱施行前に係る求償分についても同意を 得た場合には、同意書を添付して次のとおり任意保険等管轄店又は自賠責保険 管轄店に請求する。 「第三者行為による被害に係る求償事務の取組強化について」(保国発1203第1号平成27年12月3日国民健康保険課長通知) 市町村及び国保連合会の中には、損害保険会社の経験者を自ら採用して専門性を確保し、執行体制の強化 第三者行為に係る損保会社等への求償事務; 健保連の高額医療給付の共同事業 ; 柔道整復施術療養費データの入力、及び照会文書の発送・回収の外部委託; 番号法に定める情報連携; 被保険者等の資格等のデータ処理の外部委託; 保険料等の徴収等に必要な利用目的 〔当健保組合の内部での利用に

加害者が心神喪失者の場合、責任能力がない者とされ、第三者と認定することはできません。 ただし、加害者本人に責任能力がないとされた場合であっても、その監督責任者である親権者や成年後見人等が損害賠償責任を負うことになり、求償を行う可能性があります。

2. 本. ③ 第三者との交渉状況、金銭の受領状況等を「第三者加害行為現状(結果)報 告書」(『手引』P66~67参照)により、定期的に報告すること 示談に関しては、次の点について被災職員等に助言するようにしてください。 国保事業運営の基本的な考え方. ただし、ご本人から直接書面で取得する場合には、あらかじめ明示します。 適正取得 当組合は、個人情報を取得する際、適正かつ適法な手段で取得いたします。 安全管理措置 当組合は、取扱う個人データ及び特定個人情報を利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、また安全管�