生活費の補助にとどまらず、人事評価の処遇への反映としての役割、従業員の意欲向上など、企業によって様々な目的で支給されています賞与。今回は、賞与計算の実務について、社会保険料・雇用保険料・源泉所得税の計算という3つのポイントをご紹介します。 ボーナス(賞与)にかかる所得税の決まり方や計算方法、実際の税率など、「ボーナスの所得税が高い!」と感じた時に覚えておきたい内容をまとめました。 賞与の「所得税」は、賞与の前月の給与が重要な要素となります。 前月の給与から社会保険料等を差し引いた金額と扶養の人数によって、天引きする所得税のパーセンテージが決まります。 ボーナスを何に使おうかと楽しみにしていたのに、いざ支給額を見ると引かれる税金が高いと感じたり、なぜ高いのか疑問に感じたりする人は多いのではないでしょうか?ここでは、ボーナスから引かれてしまう税金の種類や引かれる税額が高い理由、さらに年末調整について解説します。 賞与から源泉徴収する所得税の税率は、前月の給与から社会保険料等を差し引いた額と扶養親族等の数 によって決まります。 あなたの冬の賞与の税率が適切だったかどうかは、下の表(URL)で確認してみ … 賞与から源泉徴収する所得税及び復興特別所得税は、「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」の「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している場合は「甲欄」、提出していない場合は「乙欄」を使用して、次のように計算します。 1 賞与の意義 賞与とは社員の誰しもが心待ちにしているものです。一方、経営者にとっては通常時よりも多額の給与を支給しなければならず、負担がかかるものでもあるでしょう。今回の記事では賞与そのものの説明、またかかる税金や平均額などに関して説明いたします。