車のエンジンがかからない原因で多いのが、バッテリーの電圧不足です。ライトの消し忘れでバッテリーがあがってしまい、エンジンがかからない経験をした人もいるのではないでしょうか。ここでは、車のバッテリーの電圧の測定の仕方や対処方法を紹介しています。

電圧計は車に必要? 出典:flickr.com Author:Michael C Ng CC0 / CC0 1.0 古い車によく装備されていた電圧計ですが、最近の車ではバッテリー警告灯に取って代わり電圧計が付いている車はほとんど見かけなくなりました。 アイドリング中のエンジン回転数は1,000回転程度なので、 アイドリングが不安定になる原因となります。 関連ページ:車バッテリー電圧低下の症状・対策|バッテリー寿命は何年で判断?

駐車場で「アイドリングストップ」を促す貼り紙を見たことがある人は多いと思います。また最近では自動で停車時にアイドリングをストップする機能を持った車も増えています。しかしアイドリングとは一体どういう状況なのでしょうか?自動車のアイドリングについて解説します!

自動車のバッテリーの電圧の正常範囲が12.5v~14vという事をご存知でしょうか? 自動車に搭載されているバッテリーの電圧は12vです。 昔の車は6vのバッテリーを搭載する必要がありました。 走行しているとバッテリーが電圧低下し、電圧が足りなくなると もう一つバッテリーを繋いでいました。 アイドリングストップ車は2〜3年 「交換しましょう」と言われたら電圧を確認する; 交換時期や寿命はあくまで目安なので、 点検などで交換をすすめられたときは、電圧をスタッフに確認 することが重要で …

車は11年目10万km走行のポンコツです(整備はしています)バッテリーは2年と3ヶ月使用。1度(1年前)に上げています。(その後注意して管理している。不使用時は下ろして充電)以前(記録取り始め以来、3年間)、アイドリング時