オリンピック記念柄や地域限定柄など、軽自動車にも黄色ではなく白ナンバーがつけられる制度が施行されていますが、これについては賛否両論で、ダサいという声もあるようです。軽自動車に白ナンバーをつけるメリットや手続き、気になる費用や税金について紹介していきます。

軽自動車のナンバープレートは、なぜ黄色なのでしょうか。かつては、現在よりひと回り小さい白地のナンバープレートが使われていました。それが黄色になった理由は「視認性」にあるようです。 軽自動車 白ナンバー増加理由 軽自動車が黄色ナンバーであることに対してアンケートが実施されました。 それによると… 黄色ナンバーでも見栄えが悪いとは思わない 79% 黄色ナンバーは見栄えが悪いと思う 21% となりました。5人に1人が黄色ナンバーは嫌だと思っているようです。

日本独自の規格である軽自動車は、基本的に「黄色ナンバー」です。最近では、「黄色ナンバー」以外に「白ナンバー」をつけているクルマを見かけるかもしれません。では、そもそも「黄色」と「白色」にはどんな違いがあるのでしょうか。

軽自動車のナンバーが黄色いのは、元々が白だったのが高速道路の普及などによって車種(車格)を素早く見分けて料金収受をスムーズにする必要のあった料金所のニーズや、高速道路などでの速度取締りを行う警察のニーズによるものとの説が有力であることがわかりました。