長楽寺にて故郷の霞の心をよみはべりける. 出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。 記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。 ( 2017年8月 ) 『新撰姓氏録』(しんせんしょうじろく)は、平安時代初期の815年(弘仁6年)に、嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族名鑑。 晩春田園雑興 其三 … 「 四 ( しい ) 時 ( じ ) 田園雑興」連作六十首中の一つ。四季の農村の風景を絶句という短い形式で詠んでいる。「四時」は四季。春夏秋冬のこと。 春 5首 夏 1首 秋 2首 恋 2首 雑 11首 計21首. 雑部: 兵庫県尼崎市、広島県広島市中区・福岡県直方市。雑色の語あり。福岡県直方市感田に分布あり。福岡県でゾウベからザツベに東京時代に発音を変更したとの伝あり。 春. いつもとは違う後頭部の頭痛はなぜ起こるのでしょうか?そこには6つの病気があり、中には死を招く危険なものがあります。今回は後頭部の頭痛の原因となる病気の症状や対処法、そして病院に行くべき判断基準について医師に解説していただきました。 平安時代中期の第三番目の勅撰集。二十巻。撰者は花山院か。近臣の藤原長能や源道済の協力を考える説も古くからある。またほかに、協力者として曾禰好忠の名を挙げる説もある。藤原公任撰の『拾遺抄』の歌を全部収め、構成も踏襲している面があるので、何らかの形で公任も関与している 雑 ( ざっ ) 詩 ( し ) 十 ( じゅう ) 二 ( に ) 首 ( しゅ ) 其 ( そ ) の 一 ( いち ) 陶 ( とう ) 潛 ( せん ) 〔テキスト〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』晋詩巻十七、『古詩源』巻九 晋詩、『陶淵明集』巻四、『古文真宝』前集 巻二、他 よそにてぞ霞たなびくふるさとの都の春は見るべかりける(後拾遺39) 【通釈】遠くからこそ、霞棚引く懐かしい都の春は眺めるべきであるよ。 〔テキスト〕 『唐詩三百首』五言絶句、『全唐詩』巻128、他; 五言絶句。事(去声寘韻)、未(去声未韻)通用。 ウィキソース「雜詩 (君自故鄉來)」参照。 雑詩 … 題をつけずに自由に詠んだ詩。『全唐詩』では「雑詩三首 其二」に作る。