日本の電動アシストクロスバイクはヨーロッパでの人気を受けて次々に販売が開始されました。 ただ、日本とヨーロッパ、アメリカでの法律が全く異なるので注意が必要です。 まず日本の出力. スポーツバイクに電動アシスト機能を搭載したモデルの総称です。 未舗装のオフロードを走ることのできる ”mtbタイプ” 本格的なスポーツ走行が可能な ”ロードバイクタイプ””クロスバイクタイプ” スタイリッシュな見た目が人気の ”ミニベロタイプ” 日々の自転車ライフをより快適に、スポーツをより身近に感じて頂ける魅力的な電動アシスト自転車です。 クロスバイクやロードバイクと電動アシストとは相反するもののようにも思えますが、グループライドなどに出かけた際に、体力差を電動アシストでカバーしてくれるので、今までは諦めていたグループライドや難所にも挑めるようになり、電動アシスト付きのロードバイクはガチではない多くの自転車愛好家に自転車の楽しみの世界を広げてくれるものとなりました。 「電動自転車の改造は違法!」と考える方も多いですが、基準をクリアすれば改造をしても公道を走ることができます。改造は正しい知識がないと危険です。注意点などをしっかり把握しておきましょう。キットで電動自転車のリミッターのカット方して最速になる方法をご紹介します。 そのクロスバイクが電動アシスト化されるのは非常に驚きですが、その電動アシストにより一層幅広い年齢層の方にクロスバイクの魅力を知ってもらえるチャンスでもあります。日本での高齢化社会や子育て世代にも、実はこの日本発の電動クロスバイクが、非常に役立っていて、自治体によっては購入時に補助金が出る自治体もあると言うほどです。