最初に本音をお伝えしますと、 「人事担当者としては面接後の選考辞退は非常に残念であるが、選考辞退は今の世間状況からして当たり前にある」 という事です。 現在の企業の人事担当者は採用活動で苦労をしています。 パート面接後、断りたいと思っているなら、辞退の電話は自分から早めに申し出をしましょう。合否連絡を待っている間に、「想像していた仕事内容ではなかった」「会社の雰囲気が合いそうにない」「何となく気が進まない」など、気持ちが振れ動くことは誰にでもあることです。 パート面接後の内定辞退で一番多い理由が「急に介護が必要になった」です。 事実ならともかく、そうでないならば採用面接官にとっては聞き飽きている断り文句ですから、相手をうんざりさせるだけでメリットは1つもありません。

面接後に辞退しても問題ない. 転職活動、就職活動で面接を受ける前に「面接辞退をしたい」と思うことがあります。また、面接を受けた後に「選考辞退」と思うときもあります。面接辞退・選考辞退するときの上手な断り方をご紹介し … ※採用担当者名が分からない場合は「採用担当者様」でokです。 面接後の連絡の場合は、そのお礼を一言冒頭に添え、メールでの連絡になったことの謝意を伝えましょう。 面接なしで辞退の場合