今回は従業員の給与計算方法について、手順と計算方法を給与明細のサンプルを用いてお伝えします。将来自分が給与の支払いを行う立場になったときに慌てないためにも、一度、手順を確認してみてはいかがでしょうか。 この記事では世間に数多く展開されているWeb給与明細システム(給与明細電子化サービス)の中から、おすすめの8選を比較します!それぞれの特徴やメリット・デメリット、選ぶ際のポイントなどをまとめたので、比較検討する際のご参考にしていただければと思います。

個人事業から法人成りをした際、従業員の「住民税」は会社が給与から天引きして代理で納めることになっています。 これは 特別徴収 といわれてますが、これに対して従業員本人が納付書などで直接納める場合は普通徴収といわれています。 脱サラをして個人事業主になる方も多いと思います。 しかし、個人事業主にとって「給与」の扱いはとても特殊です。サラリーマン時代と同じ感覚だと給与をどのように扱って良いのかわかりにくいのも事実です。 今回は、個人事業主の給与にまつわる話を3つほどします。

個人事業主です。妻に専従者給与を支払った場合、給料明細書は必要でしょうか? 現在は、専従者給与を支払った際の記帳のみしています。又、給与支払方法が現金手渡しの場合領収も必要になってくるの … 【税理士ドットコム】夫が個人事業主として、妻がその青色専従者として営む小さな事務所ですが、仕事の量が増えるため、子供(20代・現在は別居)に仕事を手伝ってもらうことになりました。・子供を専従者として扱うのか、又は一般従業員として雇うことができますか? 特別徴収と普通徴収の違い. しかし個人事業主の場合は誰かに雇用をされているわけではなく、給与も給与明細もありません。 個人事業主は仕事をする際クライアントと仕事の契約を交わしますが、それは雇用契約ではなく「いつまでにこの仕事を仕上げてください」という契約になり、その仕事が終われば労働の対価と�