NAS Navigator2-----ネットワークドライブの割り当てに失敗しました。割り当てにはShareフォルダー(NASのデフォルトの共有フォルダ、当方環境でもShareフォルダを共有フォルダに設定している)が必要です。 ... エラー コード: 0x80004005 エラーコードや、赤点滅・点灯があったら速やかにデータの復旧をお勧めします。 その他にも ・突然shareフォルダが見えなくなった、アクセスできなくなった ・LinkNavigator、NAS Navigator、NAS Navigator2/NASナビゲータ2 で見つからない 先日、NAS Navigator2でエラーが出ました。 そこで、RAIDチェックをかけることにしました。 数日は時間がかかるという情報があったのですが チェックを開始したのですが、現時点までですでに 5日間、チェックがかかり続けております。 対象 NAS に「名前」または「IP アドレス」で直接アクセスできるか確認する 「ネットワーク ドライブにアクセスできない場合の対処方法」を確認する; ネットワーク ドライブの切断. NAS Navigator2 を起動し、対象の NAS が表示されていることを確認します。 エラーコード E30 上記メッセージに従って、NAS Navigator2を開いてみるとNASのアイコンにエクスクラメーションマークが表示されており、障害通知として以下のメッセージが表示されている。 先日、インターネットの環境を変えたらNAS Navigator2(LS-VL)にアクセスができなくなりました。もともとNAS Navigator2は、たまにですが使っていると不具合のようなものがあり、接続が切れてアクセスできない状況もありました。 macにパラレルズデスクトップ14でwindows10proをアップグレードインストールしています。 当初のwindows7では、NASがドライブとして表示され、windows10proにアップグレード後も、当初は表示されていましたが、3か月ほど経過した後、NASが表示されなくなりました。 大切なデータをNASに保存している人は少なくないと思います。今回は、Windows Updateの適用後、NASの共有フォルダーに接続できなくなった時の解決方法を解説します。いざという時のために覚えておきたいTipsです。