⑤「変更するレベルをクリックしてください」の左側のレベルボックスの「1」をクリック。 >「レベルと対応付ける見出しスタイル」が『(スタイルなし)』になっているはず。 ⑥「レベルと対応付ける見出しスタイル」から『見出し1』を選択。 ---- と書きたいのだが、 1. レベル3に設定する文章を選択します。 離れた行は[Ctrl]キーを押した状態でクリックして選択できます。 [箇条書き]→[リストレベルの変更]→[レベル3]を実行します。 これで、今回の目的であるリストのレベルを設定することができました。 Word(ワード)2007を身につけるため初心者でもわかりやすいように解説しているWord(ワード)入門サイトです。Word(ワード)2007の基本操作から隠れた機能まで幅広く解説していきます。 アウトライン番号はa,bどちらの方法でも「新しいアウトラインの定義」ダイアログが表示、変更できます。 段落番号のレベルを上げ下げした場合は、アウトライン番号ではないので右クリックー「リストのインデントの調整」をクリックしても「新しいアウトラインの定義」は表示されません。

変更するレベルで「1」を選択しています。 レベルと対応付ける見出しスタイルで「見出し1」を選択しています。 このレベルに使用する番号の種類で「i ii iii ・・・」を選択しています。 レベル2の設定例です。 変更するレベルで「2」を選択しています。 「次のレベルの番号を含める」で設定するのですが、再度「新しいアウトラインの定義」を開くと設定がされていません。なぜ、設定できないのでしょうか? q3. Wordのアウトラインモードは、あくまで入力支援機能ですから、印刷用ではありません。 ただし、アウトラインでの階層はそれぞれ自動的にスタイル(書式)が対応して有りますので、印刷レイアウトモードにの状態で各階層ごとのスタイルを変更してあげれば簡単に階層構造で表示出来ます。 「ホーム」タブ-「アウトライン」ボタンから適当なリスト 番号をクリック(番号は後から変更します) ↑↑アウトラインボタン内にはレベルに応じたアウトライン番号が1つのセットとしてまとめられている 「リスト」が用意されています。 見出しの設定について、懇切丁寧に書かれているサイトがありましたら、教えてください。 q4. 注:以前の記事 『[word] 箇条書きの番号の振り直しができない』でも解決不能な問題で苦労しました。現象:1)word2000において、「箇条書き」と「見出し」スタイルを使用して 1. 新しいアウトラインを定義する Topへ. 章は同じですが、節をStepに、項を数字に変更します。 [ホーム]タブの[アウトライン]→[新しいアウトラインの定義]を選択します。 レベル1はそのままでよいので、ここではレベル「2」を選択します。 アウトライン番号の書式設定画面で「前の文字のレベル番号」が入らないというご質問をいただきました。これは、アウトラインレベルとスタイルが関連付けられていないのが原因です。次の方法で解決できます。【手順】次のような現象が発生するということです。

---- 1.1 ---- 1.2 ---- 2.